「~子ちゃんへの願い」

かつては、「○○子」という名前が世間にあふれていました。

が、テレビで女の子の人気の名前TOP10に、最近10年

ランクインしていないとのこと。



そうか~。そうなんだって今さらながら、再認識しました。



そのテレビでは、なかなか良いことを言っていました。

それは、「○○子という名前に込められた願い」というもの。





あるとき、明子ちゃんという子が

「自分の子のつく名前が嫌い!」と言っていた。




そこで、それを聞いたおばあちゃんがこう言ってくれた。



明子ちゃん。○○子って名前はね、

子という漢字は「一」と、「了」からできてるでしょ。



「一」は初め、「了」は終わり。



だから、明子が一生、ずっと明るい子でありますように

という、そういう願いが込められているの。



だから、とってもいい名前なんだよ。。。と。



明子なら、生涯、明るく過ごせますように、

栄子なら、生涯、栄えますように。



そういうご両親の願いなんだと。



この話し。おばあちゃんの理屈、おばあちゃんの優しさで

こういう話しをしてくれた。



本当かどうかは私はわかりませんが、そういう周囲の愛の

かたちが名前にもあり、子どもたちへ注がれていることは

間違いない。



こどもらを大切に、大切に思っている気持ちから生まれた

この話し。皆さんはどうお感じになったでしょう。



○○子ちゃん、いい人生を!!



記:とらのこども


 


[PR]

by toranokodomo | 2014-02-22 18:00 | コラム  

<< 大切なモノ、大切な人 光りあれ!! >>